コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アセンブリー言語 アセンブリーゲンゴ

デジタル大辞泉の解説

アセンブリー‐げんご【アセンブリー言語】

assembly language》コンピューターで、機械語の命令を分かりやすいように記号化した言語。機械語と一対一の対応をしており、高級言語に比べ、機械語の命令などをより細かく記述できる。記号言語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アセンブリー言語【アセンブリーげんご】

コンピューターのプログラム言語。記憶装置に記憶する機械語は人間にとってはわかりづらいビット列だが,その機械語をわかりやすい文字や記号でほぼ1対1に対応する形でプログラムを書くための言語。
→関連項目自動プログラミングプログラム言語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アセンブリーげんご【アセンブリー言語】

プログラム言語の実行形式による分類の一。機械語を記号化してプログラムしやすくした言語。機械語の命令と一対一に対応し、細かい処理・高速処理が必要なプログラムに向く。アセンブラー言語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアセンブリー言語の言及

【プログラミング言語】より

…そこで命令,番地,レジスター等に名前をつけ,各機械命令をこれらの名前や数値の組合せで表す言語が作られ使われるようになった。これをアセンブリー言語と呼ぶ。 機械語もアセンブリー言語も,ハードウェアの機種が違えば命令体系が異なるため,ある機種用のプログラムを他の機種でそのまま動かすことができない。…

※「アセンブリー言語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アセンブリー言語の関連キーワードFORTRANアセンブリー語第四世代言語アセンブラー逆アセンブルニーモニック低水準言語低級言語