アタカマイト(英語表記)atacamite

世界大百科事典 第2版の解説

アタカマイト【atacamite】

化学組成はCu2(OH)3Cl。緑塩銅鉱ともいう。斜方晶系に属し,板状,繊維状,粒状集合体などとして産出する。いろいろな色合い緑色を呈し,美しいガラス光沢をもつ。モース硬度3~3.5,比重3.7。銅鉱物が酸化されて二次的にできる。特に砂漠のような乾燥地帯に産出する。多くはチリ,アメリカのアリゾナ州などの銅鉱山の酸化帯にあり,銅鉱石として利用される。日本では標本規模で産出する。チリのアタカマ砂漠にちなんで命名された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android