コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アタカマイト atacamite

世界大百科事典 第2版の解説

アタカマイト【atacamite】

化学組成はCu2(OH)3Cl。緑塩銅鉱ともいう。斜方晶系に属し,板状,繊維状,粒状集合体などとして産出する。いろいろな色合いの緑色を呈し,美しいガラス光沢をもつ。モース硬度3~3.5,比重3.7。銅鉱物が酸化されて二次的にできる。特に砂漠のような乾燥地帯に産出する。多くはチリ,アメリカのアリゾナ州などの銅鉱山の酸化帯にあり,銅鉱石として利用される。日本では標本規模で産出する。チリのアタカマ砂漠にちなんで命名された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アタカマイトの関連キーワード化学組成

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android