コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アタリー Athalie

世界大百科事典 第2版の解説

アタリー【Athalie】

フランスの劇作家ラシーヌの最後の劇作,韻文五幕,合唱入り悲劇。1691年作。前作《エステル》(1689)同様,ルイ14世の寵妃マントノン夫人の依頼でサン・シール女子学寮のために書かれた宗教悲劇。91年には宮廷で質素な総稽古が行われただけであり,コメディ・フランセーズ初演は1716年。旧約聖書《列王紀》と《歴代志》を典拠に,ユダ王国に君臨しバアルを信仰する女王アタリー(アタリヤ)を,エホバ(ヤハウェ)の大神官ジョアード(エホヤダ)が倒し,王子ジョアス(ヨアシ)を戴冠させるクーデタを扱う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アタリーの関連キーワードVALS

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アタリーの関連情報