コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッテルボム Atterbom, Per Daniel Amadeus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッテルボム
Atterbom, Per Daniel Amadeus

[生]1790.1.19. アスボ
[没]1855.7.21. ストックホルム
スウェーデンの詩人。ウプサラ大学哲学・美学教授。ロマン主義の雑誌『フォスフォロス』 Phosphoros (1810~13) を出し,フォスフォリストと呼ばれたグループの指導者となった。代表作『花』 Blommorna (12~37) ,詩劇『幸福の島』 Lycksalighetens ö (24~27) ,文学史『スウェーデンの予言者と詩人たち』 Svenska siare och skalder (6巻,41~55) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アッテルボム
あってるぼむ
Per Daniel Amadeus Atterbom
(1790―1855)

スウェーデンの詩人、文学者。ウプサラ大学の哲学、美学教授。ドイツ・ロマン派の強い影響のもとに、友人たちと「オーロラ協会」を設立(1807)、機関誌『フォスフォロス』(1810~1813)に詩、論文を発表、文学革新運動に携わる。短い詩以外に、民話を素材とした長編の詩劇『青い鳥』(1814)、『幸福の島』(1824)がある。新運動の首唱者であった彼も、しだいに保守化し、次の時代の自由主義的な動きにはなじめず、晩年は詳細な評伝『スウェーデンの予言者と詩人たち』(1841~1855)の著述に没頭した。[田中三千夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アッテルボムの関連キーワードスウェーデン文学イェイイェルイェイエル1月19日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android