アッパー-スヴァネティ(読み)アッパースヴァネティ

世界遺産詳解の解説

アッパースヴァネティ【アッパー-スヴァネティ】

1996年に登録された世界遺産(文化遺産)。スヴァネティ(スヴァネチ)は、ロシア国境に近いグルジア北西部、3000~5000m級のコーカサス(大カフカス)山脈とスヴァネティ山脈に挟まれた山麓一帯にあり、グルジア先住民のスヴァン人が暮らす地域である。スヴァネティは、歴史的に上スヴァネティ(ゼモ・スヴァネティ)と下スヴァネティ(クヴェモ・スヴァネティ)に分かれるが、このうち上スヴァネティの中世の趣を残す村落の建造物群と文化的景観が世界遺産に登録された。上スヴァネティにあるチャザシ村は山間部にあり、現在もスヴァン人たちが暮らしている。この村には200軒以上の伝統的民家があるほか、11~13世紀に建てられた、独特の防御塔や、数十のグルジア正教会の聖堂やさまざまな要塞化した建造物が残されている。◇英名はUpper Svaneti

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android