コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッベ数 アッベスウ

デジタル大辞泉の解説

アッベ‐すう【アッベ数】

光学ガラスなどの透明な物質がもつ、光の分散に関する量。分散能逆数。この量が大きいほど、波長による屈折率の変化が小さい。逆分散能逆分散率
[補説]可視光線フラウンホーファー線のうち、C線(波長656ナノメートル)、D線(589ナノメートル)、d線(587ナノメートル)、F線(486ナノメートル)に対する屈折率を、nC、nD、nd、nFとすると、アッベ数はνD=(nD-1)/(nF-nC)、またはνd=(nd-1)/(nF-nC)と表される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アッベ数【アッベすう】

分散能の逆数。→アッベ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

法則の辞典の解説

アッベ数【Abbe's number】

光学ガラスの分散程度を表現する定数.フラウンホーファー線*のうちC線(λ=656nm),D線(λ=589nm),F線(λ=486nm)に対する屈折率をそれぞれnCnDnF としたとき,

をアッベ数という.通常用いられる光学ガラスにおいては,フリントガラスで νD=20 ~ 50,クラウンガラスで νD=55 ~ 70程度である.レンズやプリズムなどの色消し計算に重要な指数である.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アッベすう【アッベ数 Abbe’s number】

光学材料の光の分散に関する性質を表す量。屈折率は光の波長によって異なり(これを光の分散という),使用波長域で透明な材料の屈折率は波長が長くなるにしたがって減少するのが一般である。フラウンホーファー線のF線(波長486nm),d線(587nm),D線(589nm)およびC線(656nm)に対する屈折率をそれぞれnF,nd,nD,nCとしたとき,νD=(nD-1)/(nFnC),またはνd=(nd-1)/(nFnC)をアッベ数と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アッベ数
あっべすう
Abbe's number

光学ガラスのような等方性の透明物質において、その屈折率が光の波長によって変化する性質(分散)を規定する物質固有の数値。逆分散率ともいう。可視光線のスペクトルのうちフラウンホーファー線のC(波長656ナノメートル)、D(589ナノメートル)、d(587ナノメートル)、F(486ナノメートル)の各線の屈折率をnCnDndnFとすると、アッベ数νは、
  νD=(nD-1)/(nF-nC)
または
  νd=(nd-1)/(nF-nC)
と定義され、アッベ数が大きいほど波長による屈折率の分散は小さい。フリントガラスで20~50、クラウンガラスでは55~70程度である。[境野照雄・伊藤節郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アッベ数の関連キーワードアッベ(Ernst Abbe)ホウケイ酸ガラスクラウンガラス色消しレンズ色収差

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android