コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分散能 ぶんさんのうdispersive power

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分散能
ぶんさんのう
dispersive power

光学ガラスなどの光学材質が光を分散する能力を表わす量。ある材質でつくったプリズムのフラウンホーファー線 F (486.1nm) ,C (656.3nm) ,D (589.3nm) に対する偏角ΔFΔCΔD とするとき

ω=(ΔFΔC)/ΔD=(nFnC)/(nD1)

を平均分散能と定義する。おのおのの n は屈折率を意味する。日本ではD線の代りにd (587.6nm) を用いている。ドイツやフランスではF,C,D線の代りに F' (480.0nm) ,C' (643.8nm) ,e (546.1nm) が用いられ,これが将来国際標準になる可能性がある。また屈折率の小さな差 δn に対する偏角の小さな差 δΔ をその間の平均の偏角 Δ で割った値 ω=δΔ/Δ=δn/(n1) を部分分散能という。分散能の逆数 1/ω をアッベ数という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんさん‐のう【分散能】

光学ガラスなどの透明な物質がもつ、光の分散しやすさを表す量。アッベ数の逆数。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

分散能【ぶんさんのう】

物質が光を分散する能力を表す量。フラウンホーファー線中のF線(水素,波長486.1nm),C線(水素,656.3nm),D線(ヘリウム,587.6nm)に対するその物質の屈折率を,それぞれn(/F),n(/C),n(/D)とするとき(式1)で表される。
→関連項目アッベ数光学ガラス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の分散能の言及

【アッベ数】より

…分散の異なる2種のガラス,例えばクラウンガラス(νd65)とフリントガラス(νd30)を組み合わせることにより色消しレンズを作ることができる。なお,アッベ数の逆数を分散能という。光分散【鶴田 匡夫】。…

※「分散能」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分散能の関連キーワードプリズム(物理 光学)ホウケイ酸ガラスクラウンガラスフリントガラス色消しレンズ動物分布塔望遠鏡アッベ代り

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android