コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アツモリソウ(敦盛草) アツモリソウ Cypripedium macranthum var. speciosum

2件 の用語解説(アツモリソウ(敦盛草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アツモリソウ(敦盛草)
アツモリソウ
Cypripedium macranthum var. speciosum

ラン科の多年草北海道南部から本州中部までの山の草地に生える。地下茎は短く横にはい,地上茎は直立し高さ約 40cm。葉は長楕円形,長さ8~20cm,幅5~8cmで基部は短い鞘となって茎を抱く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アツモリソウ【アツモリソウ(敦盛草) (large flowered) lady’s slipper】

大型の袋状の花が印象的な地生のラン科植物(イラスト)。亜高山帯の草原または疎林中に生え,時に観賞用にする。根茎は短くはう。根は多数で,かたい。茎は高さ30~50cm,白色の毛がある。葉は3~5枚が互生し,楕円状披針形,長さ10~20cm,幅4~8cm,表面の縦じわが顕著である。苞は葉状で小型。6~7月,3cmくらいの花梗の先に1花をつける。花は淡紅色または紅紫色,長さ4~6cm。上萼片は広卵形,側萼片は癒合しており先端が2裂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アツモリソウ(敦盛草)の関連キーワードイチヨウラン(一葉蘭)シラン(紫蘭)ラン(蘭)ウチョウラン(羽蝶蘭)印象的イワチドリガンゼキランキンランコケイラン(小蕙蘭)ヤクシマラン

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone