コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アツモリソウ(敦盛草) アツモリソウCypripedium macranthum var. speciosum

2件 の用語解説(アツモリソウ(敦盛草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アツモリソウ(敦盛草)
アツモリソウ
Cypripedium macranthum var. speciosum

ラン科の多年草北海道南部から本州中部までの山の草地に生える。地下茎は短く横にはい,地上茎は直立し高さ約 40cm。葉は長楕円形,長さ8~20cm,幅5~8cmで基部は短い鞘となって茎を抱く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アツモリソウ【アツモリソウ(敦盛草) (large flowered) lady’s slipper】

大型の袋状の花が印象的な地生のラン科植物(イラスト)。亜高山帯の草原または疎林中に生え,時に観賞用にする。根茎は短くはう。根は多数で,かたい。茎は高さ30~50cm,白色の毛がある。葉は3~5枚が互生し,楕円状披針形,長さ10~20cm,幅4~8cm,表面の縦じわが顕著である。苞は葉状で小型。6~7月,3cmくらいの花梗の先に1花をつける。花は淡紅色または紅紫色,長さ4~6cm。上萼片は広卵形,側萼片は癒合しており先端が2裂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone