コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母衣 ほろ

大辞林 第三版の解説

ほろ【母衣】

よろいの背につける幅広の布。流れ矢を防ぎ、また、旗指物の一種としても用いられた。平安時代には単に背に垂らし、時に下端を腰に結んだが、のちには竹籠たけかごを入れた袋状のものとなった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

母衣
ほろ

甲冑(かっちゅう)の背につけた幅の広い布で、風にはためかせたり、風をはらませるようにして、矢などを防ぐ具とした。五幅(いつの)(約1.5メートル)ないし三幅(みの)(約0.9メートル)程度の細長い布である。中世以降、色を染めたり、紋章をつけて旗幟(きし)のかわりともした。『三代実録』の貞観12年(870)の条にその名称があって甲冑の補助とするとあり、『本朝世紀』久安3年(1147)の条に、幅広い布を鎧武者(よろいむしゃ)がまとい、これを世人が「保侶(ほろ)」とよんだとし、また中世、『吾妻鏡(あづまかがみ)』の建仁3年(1203)の条に母衣の故実(こじつ)の記事がみえる。絵画としては『平治(へいじ)物語絵巻』(六波羅(ろくはら)合戦)や法隆寺の絵殿の太子絵伝に母衣着用の騎馬の甲冑姿がある。『保元(ほうげん)物語』『平家物語』『太平記』などに登場する華麗な戦衣でもある。近世に至って、神秘的な付会もされ、種々な故実も生じた。古くは十幅(約3メートル)で、1丈(約3メートル)などという大きなものがあったが、ほぼ1.5メートル四方程度となった。しかしとくに一定した寸法の定めはない。上辺と下辺に紐(ひも)をつけて背に結び、あるいは、竹籠(たけかご)を母衣串(ほろぐし)につけてこれを包み、背後の受け筒に挿したりして、一種の旗指物(はたさしもの)ともなった。別に背に負うた矢を包む母衣状の矢母衣(やぼろ)もある。[齋藤愼一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の母衣の言及

【保呂】より

…鎧(よろい)の背にかけて流れ矢を防ぎ,あるいは装飾にした袋状の布。〈母衣〉〈保侶〉とも書き,保呂衣(ほろぎぬ),懸保呂(かけぼろ),保呂指物(ほろさしもの),矢保呂の別がある。保呂衣は戦袍(せんぽう)であり,《三代実録》には870年(貞観12)に調布をもって保呂衣1000領を調製したことが伝えられている。…

※「母衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

母衣の関連キーワード徳島県吉野川市美郷小竹アツモリソウ(敦盛草)クマガイソウ(熊谷草)入札(いれふだ)アツモリソウクマガイソウけんもほろろドラミング小野木重次御母衣ダム蜂須賀家政白川(村)七つ道具野馬追い河尻秀隆蜂屋頼隆青木一重前田利家戸田勝隆佐々成政

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

母衣の関連情報