コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトゥラウ州 アトゥラウAtyrau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトゥラウ〔州〕
アトゥラウ
Atyrau

カザフスタン西部の州。 1973年まで南のマングイシラク州を含んでいた。 1992年までグリエフ州。州都アトゥラウカスピ海沿岸低地の東部を占め,州域の大部分が海面下の低地である。中部をウラル川,東部をエンバ川が流れる。砂漠地帯に属し,年降水量は 100~200mm。古くから石油の産地として知られ,州の主要産業はエンバ油田の採油と石油精製で,ほかにカスピ海の漁業と水産物の缶詰加工,牧羊も重要。アトゥラウ,バルイクシなどの町や,コスチャグイル,マカト,ドソルなどの採油地に人口が集中している。ロシアアストラハンオルスクを結ぶ鉄道,ハイウェーと,マカトから南東方向へ分かれる鉄道が州内の主要交通路である。面積 11万 8600km2。人口 44万 7100 (2001推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アトゥラウ州の関連キーワード秋山清神代辰巳沢渡朔ポセイドン船舶による汚染防止の国際条約相田武文長田弘オーツ加藤泰新藤兼人