コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトピー性体質 アトピーせいたいしつatopy

翻訳|atopy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトピー性体質
アトピーせいたいしつ
atopy

アトピーとはギリシア語に由来する「不思議な病気」という意味。一定の物質に対して先天的に過敏な,アレルギー体質をいう。遺伝的,家系的要因が強く,家族にアトピー性疾患 (気管支喘息〈ぜんそく〉,枯草熱アレルギー性鼻炎など) 患者のいることが多い。アトピー性疾患のなかでも 1980年代後半から子供を中心にアトピー性皮膚炎が増加している。アトピー性皮膚炎は激しいかゆみを伴う湿疹ができるもので,なおりにくい。生後2~6ヵ月頃から発病しはじめ,幼児期になると喘息や鼻炎に進むこともある。原因は卵,牛乳,大豆など食物が最も多いが,ほこり,ダニ,衣類の繊維などさまざまである。現在のところ特効薬はなく,決め手となる治療法もない。アトピー性疾患の子供が増加している背景としては,食生活の変化,自然環境の変化,住宅事情などが複雑にからみ合っているといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android