コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドリアノープル和約 アドリアノープルわやくTreaty of Adrianople; Treaty of Edirne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アドリアノープル和約
アドリアノープルわやく
Treaty of Adrianople; Treaty of Edirne

エディルネ条約とも呼ばれる。 1829年9月 14日,ロシアとトルコとの間に結ばれた講和条約。 28年ギリシア独立戦争に干渉したロシアは,翌 29年8月コンスタンチノープル (現イスタンブール) の北西,アドリアノープル (現エディルネ) を占領,プロシアの調停でこの条約を結んだ。ロシアは黒海東北岸とドナウ河口を領土とし,グルジアなど外コーカサス (カフカス) の土地も併合,さらにボスポラス,ダーダネルス (現チャナッカレ) 両海峡の自由な航行権を得るとともに,モルドバワラキアセルビアの自治とギリシアの独立とをトルコに認めさせた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アドリアノープル和約の関連キーワードエディルネ条約オルロフ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android