コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギリシア解放戦争 ギリシアかいほうせんそう

2件 の用語解説(ギリシア解放戦争の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ギリシア解放戦争【ギリシアかいほうせんそう】

1821年―1829年に行われた戦争。オスマン帝国の支配下にあったギリシアは1821年ペロポネソス半島で反乱を起こし,翌年独立を宣言。オスマン帝国はエジプトの援助でこれを鎮圧しようとしたが,英・仏・露が干渉。
→関連項目アテネエテリアカポディストリアスギリシア東方問題パトレフィルヘレニズムメソロンギオンロンドン条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ギリシアかいほうせんそう【ギリシア解放戦争】

1821‐29年にかけて闘われたオスマン帝国からのギリシアの解放戦争ギリシア革命またはギリシア独立戦争ともいわれている。1821年春,バルカン諸民族の一斉蜂起をめざしたエテリア蜂起はオスマン・トルコ軍によって速やかに鎮圧されたが,エテリアの組織網はすでにギリシア各地にもひろがっており,蜂起のしらせは大きな反響を呼びおこした。同年4月6日パトラスの主教ゲルマノスは蜂起を呼びかけ,蜂起はモレア半島,大陸部,エーゲ海諸島へ拡大した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギリシア解放戦争の関連キーワードGEOSオスマン帝国ギリシャ独立戦争オスマンオスマン語オスマントルコオスマンダ踏倒すオスマン朝罠にかけられた男

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone