ギリシア解放戦争(読み)ギリシアかいほうせんそう

百科事典マイペディアの解説

ギリシア解放戦争【ギリシアかいほうせんそう】

1821年―1829年に行われた戦争。オスマン帝国の支配下にあったギリシアは1821年ペロポネソス半島で反乱を起こし,翌年独立を宣言。オスマン帝国はエジプトの援助でこれを鎮圧しようとしたが,英・仏・露が干渉。三国艦隊はナバリノの海戦でオスマン軍を撃破。1829年アドリアノープル条約で独立が認められ,翌年王国として独立。
→関連項目アテネエテリアカポディストリアスギリシア東方問題パトレフィルヘレニズムメソロンギオンロンドン条約

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギリシアかいほうせんそう【ギリシア解放戦争】

1821‐29年にかけて闘われたオスマン帝国からのギリシアの解放戦争。ギリシア革命またはギリシア独立戦争ともいわれている。1821年春,バルカン諸民族の一斉蜂起をめざしたエテリア蜂起はオスマン・トルコ軍によって速やかに鎮圧されたが,エテリアの組織網はすでにギリシア各地にもひろがっており,蜂起のしらせは大きな反響を呼びおこした。同年4月6日パトラスの主教ゲルマノスは蜂起を呼びかけ,蜂起はモレア半島,大陸部,エーゲ海諸島へ拡大した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android