コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナトー annatto

翻訳|annatto

栄養・生化学辞典の解説

アナトー

 熱帯の灌木[Bixa orellana]の種子の外皮から得られる脂溶性の黄色色素.主成分はビキシン(bixin)というカロテノイド.バター,チーズなどを黄色,橙色に着色に用いる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のアナトーの言及

【食用色素】より

…以下おもなものについて述べる。 (1)アナトー ベニノキの種子からとれる赤色色素の通称名。本体はノルビキシンnorbixinである。…

※「アナトー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アナトーの関連キーワードシルベストル・ボナールの罪サッコ=バンゼッティ事件ベルンハルト ケラーマングロリア スワンソンA. シュニッツラー凡てこの世も天国もコント(短編小説)シュニッツラーポール グゼルセーデルベルイ若きウィーンシュニツラー八木 さわ子クールバーグチーズカラー愛のコリーダノルビキシン八木さわ子ルメートルケラーマン