コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナニノ文化 あなにのぶんか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アナニノ文化
あなにのぶんか
Ананьино Anan'ino

ヨーロッパ・ロシアの東部、ボルガ川やカマ川流域にみられる紀元前8~前3世紀の青銅器および鉄器時代初期の文化。土塁や環濠(かんごう)をもつ集落跡や、低い墳丘の火葬または土葬の墳墓で知られる。1858年に調査を始め、発掘地アナニノ村にちなんで命名された。
 農耕、牧畜をおもな生業とし、狩猟、漁労、冶金(やきん)も営んだ。骨角や皮革の製品、窯陶器類は高い技術水準を示し、また銅や青銅の飾り板、鉄製の武器や利器には、グリフォンなどの動物意匠がみられる。これは、シベリアや南ロシア・カフカスのスキタイやサルマタイとの交流を証明するものであり、「フィン・スキタイ文化」とよばれるゆえんである。集落地の地形学的特徴、半地下式竪穴(たてあな)式住居や出土物の編年学的考察から、この文化は始原共同体社会の崩壊期に比定されるが、文化の起源やこの文化を担った人々の部族的帰属の問題はいまだ不詳である。[清水睦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアナニノ文化の言及

【ウラル語系諸族】より

…原ウゴル文化は前1千年紀中葉に原オビ・ウゴルと原マジャールに二分,前者が鉄器時代のウスチ・ポルイ文化を経て現存のハンティ族と,マンシ族に連なるのに対し,後者はその後遊牧化し,南ロシアを経由してパンノニアへ移住したマジャール人となる。原フィン文化は前2千年紀中葉に分裂,一方のペルミ・フィンは鉄器時代に栄えたアナニノ文化を経たのちさらに分かれて現存のコミ(ジリャン)族,ウドムルト(ボチャーク)族となり,もう一方の原ボルガ・フィンも前1世紀初頭には,のちのモルドバ(モルドビン)族,マリ(チェレミス)族の先祖に当たるボルガ・フィンと,バルト海東岸方面へ移住した原バルト・フィンとに分化する。後1世紀末以降原バルト・フィンはさらに拡散を重ね,バルト海東岸のエスティ(エストニア),ボート,リーブ(リボニア),北ロシアのベプス,インケリ(イングリア),カレル(カレリア),スカンジナビアのスオミの諸族となる。…

※「アナニノ文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android