コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナハイム Anaheim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナハイム
Anaheim

アメリカ合衆国,カリフォルニア州南西部の都市。ロサンゼルスの南東 40kmに位置する。 1857年ドイツ系の移民により創設。サンタアナ川の肥沃な沖積地にあり,オレンジやレモン,アボカド,クルミなどが栽培されたが,1950年代から都市化が進み,オレンジ園やブドウ園の多くが姿を消し,ロサンゼルスへの通勤者の住宅街となっている。またディズニーランド (1955) の所在地として知られる。サンタアナと連接して大都市圏を形成。人口 33万6265(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アナハイム【Anaheim】

アメリカ合衆国カリフォルニア州南西部の都市。人口28万2000(1994)。ロサンゼルスの南東40kmにあり,ディズニーランド(1955設立)の所在地。サンフランシスコ在住の50家族のドイツ人の集団入植地(面積4.7km2)として1857年に建設され,付近を流れるサンタ・アナ川のAnaと家庭を意味するドイツ語Heimから,この名称がつけられた。1950年以降の人口増加は著しく,アナハイム=サンタ・アナ=ガーデン・グローブ大都市域人口は192万5840(1980)におよぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アナハイム
あなはいむ
Anaheim

アメリカ合衆国、カリフォルニア州南部の工業都市。人口32万8014(2000)。サンタ・アナ谷の肥沃(ひよく)な農業地帯にあり、柑橘(かんきつ)類の栽培が有名。近年は航空機、エレクトロニクスを中心とした工業都市としても注目を集めている。1955年オープンしたディズニーランドの所在地であるところから、合衆国有数の行楽地でもあり、また会議場や宿泊施設が集中した集会都市としても知られる。大リーグのロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムのホームグラウンド「エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム」(アナハイム・スタジアム)の所在地。[作野和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アナハイムの関連キーワードヘンダーソン(Rickey Henley Henderson)マレー(Eddie Clarence Murray)ハンター(Torii Kedar Hunter)グリーン(Shawn David Green)ジャクソン(Reggie Jackson)エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムアボット(Jim Abbott)ディズニーランド・ハーフマラソンサンタ・アナ(アメリカ合衆国)ノヴァ ウィディアントチャンドラ ウィジャヤタウフィク ヒダヤトディズニーランドパリリリヤナ ナトシールナッツベリーファームディズニー・ワールドリッキー ファウラーリー チョンウェイアメリカン・リーグリック・ディアス

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アナハイムの関連情報