コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニスアルデヒド

栄養・生化学辞典の解説

アニスアルデヒド

 C8H8O2 (mw136.15).

 p-メトキシベンズアルデヒドともいう.香料として使われる食品添加物で,アニスの実(アニシード)からとられる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アニスアルデヒド【anisaldehyde】

芳香族アルデヒドの一つ。p‐メトキシベンズアルデヒドに相当する化合物。融点2.5℃,沸点249℃の芳香をもつ無色~淡黄色の液体。アニスアルコールをクロム酸で酸化すると得られる。還元すればアニスアルコール,酸化すればアニス酸となる。工業的にはアニス油などに存在するアネトールの酸化などによって得られ,香料,染料の原料となる。【奈良坂 紘一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アニスアルデヒドの関連キーワードフェニル酢酸アロプリノールピネンヒノキチオールヒポキサンチンプリン塩基

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android