コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良坂/平城坂 ナラザカ

百科事典マイペディアの解説

奈良坂【ならざか】

奈良南山城の境をなす平城山(ならやま)を越える坂道。時代によって変遷する。奈良盆地南北に縦貫する下(しも)ツ道に続く歌姫(うたひめ)越えが古く利用されたが,平城宮造営で切断され,東の中ツ道に通ずる車谷道(関西本線沿い)が利用されるようになる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ならざか【奈良坂】

奈良と南山城(みなみやましろ)との境をなす奈良山を越える坂道。またその一帯の称。ただし,ひとくちに奈良坂越えとはいっても,古くには,大和古道の〈下ッ道(しもつみち)〉が北へ延びた〈歌姫越え(うたひめごえ)〉の道と,〈中ッ道〉が北へ延びたもう一つの道(JR関西本線沿い)とがあった。また,平城京遷都後は,しばらく〈歌姫越え〉のルートがすたれ,〈中ッ道〉のルートと,長らく〈東路〉と呼ばれた現在の奈良坂(旧国道24号線沿い)とが用いられるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ならざか【奈良坂】

奈良市北部、京都府との境にある坂道。大和国と山城国を限る奈良山丘陵を越える所で、古くからの交通の要所。般若坂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奈良坂
ならざか

奈良市市街地の北東部、奈良山丘陵東部の佐保(さほ)丘陵を越える坂道および集落名。坂は般若寺(はんにゃじ)坂ともよばれ、この坂を越えて京へ通じる京街道の奈良坂越えは、西の歌姫(うたひめ)越えとともに古来京都への主要街道であった。現在奈良坂の東側を旧国道24号が走っている。街道沿いの奈良坂(阪)町は近世に形成された集落である。[菊地一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の奈良坂/平城坂の言及

【坂】より

… 古代末期から中世をつうじて,奈良や京都を中心とした地方では,主要な街道の坂道に相当数の貧窮民・流浪民が集住し,荘園領主(大寺社)の管下に統轄され,〈坂者(さかのもの)〉とか〈坂非人(さかのひにん)〉などと呼ばれながら雑業・雑芸に従事していたことが知られている。奈良坂や京都清水坂(きよみずざか)はその好例といえる。戦国期の大名領国制では,山地が他大名の領国との境界をなすことが多く,甲斐国の例では,国外への追放処分に付することを〈坂を越さす〉と称していた(《甲陽軍鑑》)。…

※「奈良坂/平城坂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奈良坂/平城坂の関連キーワードエチルメチルケトンアニスアルデヒド北山十八間戸奈良坂潤紀奈良[市]田村の草子元正天皇元明天皇土竜打ち如何せむはんにゃ仁徳天皇奈良坂篤青丹よし京都盆地極道記者京都府興福寺二四八山城国