アニリン染料(読み)アニリンセンリョウ

百科事典マイペディアの解説

アニリン染料【アニリンせんりょう】

19世紀の中ごろ英,仏,ドイツなどで合成染料が発明されたが,その主要原料がアニリンであったため,天然染料に対して合成染料を一般にアニリン染料と呼んだ。アニリンは有機化学工業・合成化学工業史上ベンゼンとともに大きな役割を果たしている。
→関連項目コチニール

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アニリンせんりょう【アニリン染料】

アニリンを原料とする染料の総称。初期の合成染料の多くがアニリンを原料としていたため、かつては合成染料の総称として用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アニリン染料
あにりんせんりょう
aniline dyes

初期の合成染料がいずれもアニリンおよびその誘導体の酸化縮合により合成されたことから、コールタール染料(またはタール染料)とともに合成染料と同義に用いられていた呼び方。しかし、現在ではこのような呼び方はほとんどされていない。[飛田満彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android