コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニリン染料 アニリンセンリョウ

4件 の用語解説(アニリン染料の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アニリン‐せんりょう〔‐センレウ〕【アニリン染料】

アニリン誘導体で作った合成染料。初期の合成染料の多くはアニリンを原料としていた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アニリン染料【アニリンせんりょう】

19世紀の中ごろ英,仏,ドイツなどで合成染料が発明されたが,その主要原料がアニリンであったため,天然染料に対して合成染料を一般にアニリン染料と呼んだ。アニリンは有機化学工業合成化学工業史上ベンゼンとともに大きな役割を果たしている。
→関連項目コチニール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

アニリンせんりょう【アニリン染料】

アニリンを原料とする染料の総称。初期の合成染料の多くがアニリンを原料としていたため、かつては合成染料の総称として用いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アニリン染料
あにりんせんりょう
aniline dyes

初期の合成染料がいずれもアニリンおよびその誘導体の酸化縮合により合成されたことから、コールタール染料(またはタール染料)とともに合成染料と同義に用いられていた呼び方。しかし、現在ではこのような呼び方はほとんどされていない。[飛田満彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アニリン染料の関連キーワード西ドイツ東ドイツドイツ菖蒲ドイツ鯉ドイツ文字汎愛主義統一ドイツトニックソルファ粉青沙器藤田五郎(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone