コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アハド・ハ・アム Ahad Ha-Am

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アハド・ハ・アム
Ahad Ha-Am

[生]1856.8.18. ウクライナ,スクビラ
[没]1927.1.2. パレスチナ,テルアビブ
ロシア系ユダヤ人のタルムード学者,哲学者,随筆家。本名 Asher Ginzberg。ゲットー内の上流家庭に育ち,厳格なユダヤ律法を学んだ。しかし,成人するとともに外界に目を向け,すべてのユダヤ人およびユダヤ教の救われる道は離散社会のなかからは生れないとして,当時急激に高まりつつあったユダヤ・ナショナリズム (→シオニズム ) を肯定し,みずからもシオニストとなった。 1879~86年,ウィーン,ベルリン,ブレスラウ各地を転々とし,86年家族とともにオデッサに移住。 89年『これは道にあらず』 Lo Zeha-Derekhを書き,彼の精神的シオニズムの立場を明らかにした。 96年ヘブライ語月刊誌『ハ・シロー』 Hashiloahの記者となったが,1902年辞職,ロシア各地を旅する。一時ロンドンに住み (1907~21) ,その後テルアビブに定住。そのほかに『精神の法律』 Torah She ba Lev (04) ,『ナショナリズムと宗教』 Al Leumiot ve Dat (10) ,『アハド・ハ・アム書簡集』 Igeroth Ahad Ha-Am (23~25) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アハド・ハ・アムの関連キーワード8月5日

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android