タルムード(英語表記)Talmud

翻訳|Talmud

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タルムード
Talmud

ヘブライ語で教訓,教義の意。前2世紀から5世紀までのユダヤ教ラビたちがおもにモーセの律法を中心に行なった口伝,解説を集成したもので,ユダヤ教においては旧約聖書に続く聖典とされる。多くの編集が行われたが,現在では4世紀末の『パレスチナ・タルムード』と5世紀末の『バビロニア・タルムード』が残っている。ラビの口伝を収録する「ミシュナ」 (「反復」の意) およびそれへの注解,解説を集めた「ゲマラ」 (「補遺」の意) の2部より構成され,前者はへブライ語,後者は当時の口語であるアラム語で書かれている。「ミシュナ」の部分は両タルムードとも同一で,「ゲマラ」の部分だけ異なっている。ユダヤ教における法律,社会的慣習,医学,天文学から詩,説話にいたるまで社会百般に及ぶ口伝,解説を収め,歴史的にもユダヤ精神,ユダヤ文化の精華であり,その生活の規範となり創造力の根源となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

タルムード(〈ヘブライ〉Talmud)

《教訓の意》ユダヤ教の宗教的典範。モーゼ律法および社会百般の事項に対する口伝的解答を集大成したもの。本文ミシュナとその注釈ゲマラの2部からなる。4世紀末ごろ編集されたパレスチナタルムードと6世紀ころまでに編集されたバビロニアタルムードがあり、一般には後者をさす。中世から現代に至るユダヤ人の精神文化を知る重要文献。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

タルムード

聖書(旧約聖書),ミシュナMishnah(口伝律法の集成)と並ぶユダヤ教の聖典。後4世紀末成立の〈エルサレム(パレスティナ)・タルムード〉と5世紀末成立の〈バビロニア・タルムード〉の2種があるが,現代まで用いられてきたのは後者。6編,63項に及ぶミシュナ本文と,それに関する議論・解釈を記すゲマラGemaraから成る。
→関連項目ヘブライ法ユダヤ教レビナス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タルムード【Talmud】

旧約聖書,ミシュナ(後述)に次ぐユダヤ教の聖典。ヘブライ語の原意は〈学習〉。後4世紀末に〈エルサレム・タルムードJerusalem Talmud〉(別名〈パレスティナ・タルムードPalestinian Talmud〉),その100年後に〈バビロニア・タルムードBabylonian Talmud〉が成立した。これら両タルムードは,200年ころ総主教ユダ(イェフダ)Judah ha‐Nasiが編纂したミシュナをめぐってユダヤ人律法学者が数百年間積み重ねた議論の集大成で,ヘブライ語で書かれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

タルムード【Talmud】

〔教訓の意〕
四~六世紀に編まれたユダヤ教の口伝律法(ミシュナ)とその注解(ゲマラ)の集大成。トーラーとともにユダヤ人の生活規範・精神文化の基盤となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タルムード
たるむーど
Talmudヘブライ語

ユダヤ教の口伝律法「ミシュナ」と、これに対する注釈「ゲマラ」を集大成したもので、ユダヤ人にとり「モーセ五書」(トーラー)に次ぐ権威をもつものとされる。タルムードは生活上あらゆる問題を網羅して論じているので、祖国を離れたユダヤ人はつねにこれを生活のよりどころとしてきた。
 ミシュナは紀元200年ごろラビ・ユダによって初期律法学者の教説を選別、体系化して編集された。これは種子篇(へん)(農業法)、聖会篇、婦女篇(婚姻法)、損害篇(民法、刑法)、聖物篇(祭儀法)、聖潔篇の六部からなる。その後ミシュナはパレスチナとバビロニアの両地で律法研究の基本資料となり、やがて膨大な注釈(ゲマラ)を生んだ。これは別々に編纂(へんさん)され、パレスチナ・タルムード(400ころ)とバビロニア・タルムード(500ころ)となった。両者はともに同じミシュナを基本資料としているが、パレスチナとバビロニアの社会的、経済的、そして文化的差異がゲマラに反映している。とくにバビロニアのユダヤ人コミュニティは経済的に恵まれ、他のコミュニティに比べて文化的にひときわ卓越していたため、彼らの生み出したバビロニア・タルムードは、生活、信仰の基礎としてユダヤ人全体に大きな権威と影響力をもつことになった。なお、ミシュナにはヘブライ語、ゲマラにはアラム語が用いられている。[石川耕一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタルムードの言及

【ネロ】より

…彼は母を殺し,多くの人妻と姦通し,数々の殺人の下手人となり,蜜のように甘い歌を歌って劇場での成功を憧れるとともに,パルティア人などと同盟してエルサレム神殿を焼き,ユダヤ人を焼き滅ぼすと語られている。しかしまたユダヤ教の〈タルムード〉の中には,ネロがパレスティナに定住してユダヤ教に改宗し,ユダヤ婦人をめとり,その子孫から偉大な律法学者が出たという奇妙な伝説もある。キリスト教でも《ヨハネの黙示録》第13章が,新しいネロを獣の数666で示したと解釈され,キリスト再臨の前に再び姿を現し,迫害と偶像崇拝をもたらすアンチキリストとされる。…

【ユダヤ教】より

…長い間,口伝律法は口頭で伝承されていたが,後200年ころ,総主教ユダ(イェフダ)によってミシュナに集成された。その後さらに300年間,ミシュナの本文に基づく口伝律法の研究が積み重ねられた結果,4世紀末に〈エルサレム(別名パレスティナ)・タルムード〉,5世紀末に〈バビロニア・タルムード〉の編纂が完結した。ミシュナとタルムードは,成文律法を中心として1世紀末に成立した旧約聖書とともに,ユダヤ教の聖典となった。…

【ユダヤ哲学】より

…他方パレスティナやバビロンの正統派のユダヤ教においては,以上のような外来思想の影響から離れ,それ自体の内部で,いかにして〈モーセ律法〉を彼らの現実的な日常生活に適用するかという問題が,前2世紀から5世紀にかけて,律法学者や教師によって論議されてきた。この〈モーセ律法〉に関する彼らの口伝や解釈を集めたものがいわゆる〈タルムード〉である。これには4世紀末ごろに編集された《エルサレム・タルムード》と5世紀末ごろまでに編集された《バビロニア・タルムード》がある。…

※「タルムード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android