コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アパ(阿壩)チベット(蔵)族チャン(羌)族自治州 アパチベットぞくチャンぞくa pha; Aba Zangzu Qiangzu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アパ(阿壩)チベット(蔵)族チャン(羌)族〔自治州〕
アパチベットぞくチャンぞく
a pha; Aba Zangzu Qiangzu

アワ Ngawaともいう。中国西南地方,スーチョワン (四川) 省北部の自治州。行政中心地のあるマルカム (馬爾康) 県など 13県からなる。チベット高原の東縁にあり,東部をミン (岷) 江の上流,西部をタートー (大渡) 河の上流が南流する。高冷地であるが,起伏はゆるやかで,谷底平野ではハダカムギ,春コムギ,エンドウなどが栽培される。山腹には草原が広がり,ヤク,ウシ,ヒツジ,ウマなどの牧畜が盛ん。北部にはソンパン (松潘) 湿原が広がり,放牧地や耕地の造成が大規模に行なわれている。森林は漢方薬材に富む。ジャイアントパンダが生息。チベット族,ホイ族,チャン族など少数民族人口の約半数を占める。人口 77万 5780 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アパ(阿壩)チベット(蔵)族チャン(羌)族自治州の関連キーワードソンパン(松潘)湿原

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android