コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アピントン Upington

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アピントン
Upington

南アフリカ共和国北ケープ州中部の町。ケープタウンの北北東約 650km,オレンジ川沿岸に位置。ナミビアへ通じる鉄道交通の要地で,空港もある。農鉱業の中心地で,穀類,果物を産し,銅の加工が行なわれる。人口約 3万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アピントン(Upington)

南アフリカ共和国北西部、北ケープ州の町。オレンジ川沿いに位置する。1875年に伝道拠点として建設。名称はケープ植民地首相トーマス=アピントンにちなむ。同国を代表するワイン産地の一つ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アピントンの関連キーワードオーグラビース滝国立公園

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アピントンの関連情報