コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフガニスタン和平協定 アフガニスタンわへいきょうてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフガニスタン和平協定
アフガニスタンわへいきょうてい

1988年4月 14日,ジュネーブでアフガニスタンパキスタン,ソ連,アメリカの外相が出席して,アフガニスタン和平のための合意文書に調印。これによってソ連軍の撤退が実現した。文書は,(1) アフガニスタン,パキスタンの相互関係,特に不干渉,不介入に関する2国間協定,(2) 米ソ両国による国際保障に関する宣言,(3) 難民の自主的帰還に関するアフガニスタン,パキスタンの2国間協定,(4) ソ連軍撤退への手順を含んだアフガニスタン情勢解決のための協定と,これに付随する合意の遵守に関する国連監視についての覚書,から成る。なお国連は 89年 11月,アフガニスタン各勢力が戦闘を中止し,広範な基盤を持つ政府を樹立するよう求める決議を採択した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アフガニスタン和平協定の関連キーワードアフガニスタン紛争

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android