コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフマドナガル王国 アフマドナガルおうこく Ahmadnagar

1件 の用語解説(アフマドナガル王国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフマドナガル王国
アフマドナガルおうこく
Ahmadnagar

インド西部にあったムスリム王国 (1489~1636) 。ニザーム・シャーヒー王国 Nizām Shāhīともいう。バフマニー朝の末期,1489年に支配下のダウラターバード州総督マリク・アフマド・ニザームル・ムルク (在位 1489~1509) が,アフマドナガルを首都として建設した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアフマドナガル王国の言及

【アフマドナガル】より

…市はアーマド・ニザームシャー・バハリにより15世紀末に建設された。16世紀を通じてアフマドナガル王国の首都として栄えたが,ムガル朝下に征服された。18世紀中期以後,マラーター同盟の重要な根拠地となった。…

【ムスリム五王国】より

…これらの王国はその支配領域の名を冠して呼ばれることもある。 このうちイマード・シャーヒー王国(ベラール王国)がニザーム・シャーヒー王国(アフマドナガル王国)に併合され,いちばん初めに滅び,バリード・シャーヒー王国(ビーダル王国)も,17世紀初めごろ,クトゥブ・シャーヒー王国(ゴールコンダ王国)とアーディル・シャーヒー王国(ビジャープル王国)とによって分割・併合された。残った3王国は,北から迫ってくるムガル帝国の圧力に抵抗していたが,1636年,シャー・ジャハーン時代のムガル帝国にアフマドナガル王国が併合された。…

※「アフマドナガル王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アフマドナガル王国の関連キーワードアリーガル運動ムスリム連盟スリムスカートハイテックCスリムスファイン・スリム・スーパーライト・100'sPronoti ポイントフィルムスリム日本の信徒インド・ムスリム全インド・ムスリム連盟ムスリム王朝