コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブセンティイズム absenteeism

翻訳|absenteeism

世界大百科事典 第2版の解説

アブセンティイズム【absenteeism】

労働者が勤務予定日に,無断でまたは正当とは認められぬ事由で大量かつ継続的に欠勤すること,ないしそうした状態をいう。計画的欠勤とか意図的欠勤と訳される。なお,そのような欠勤者がabsenteeである。かかる行動は組織的に行われるのではなく,またその理由,目標が表明されるわけでもなく,この点で労働争議とは異なる。アブセンティイズムは1960年代末から70年代にかけて,とくに欧米先進諸国で大きな社会問題となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アブセンティイズムの関連キーワード労働者

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android