コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会保障制度 しゃかいほしょうせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会保障制度
しゃかいほしょうせいど

社会保障に関する制度のことで,日本国憲法では生存権の規定 (25条1項) に次いで,「国は,すべての生活部面について,社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」と定められている (同2項) 。この社会保障の内容について,社会保障制度審議会は 1950年 10月 16日の勧告で「社会保障制度とは,疾病,負傷,分娩,廃疾,死亡,老齢,失業,多子その他困窮の原因に対し,保険的方法又は直接公の負担において,経済保障の途を講じ,生活困窮に陥った者に対しては,国家扶助によって最低限度の生活を保障するとともに,公衆衛生及び社会福祉の向上を図り,もってすべての国民が文化的社会の成員たるに値する生活を営むことができるようにすること」としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

社会保障制度の関連キーワード官庁通信 病院と社会保険版社会保障制度改革国民会議社会保障制度改革推進法自由ドイツ労働総同盟ベーシックインカムシルバー民主主義揺籃から墓場までE. アントネリ社会保障国民会議国際社会保障協会社会保障給付費ロイドジョージ社会保障審議会ベバリッジ報告ビバリッジ報告ラロックプラン社会保障予算ワンデル勧告民主社会主義療養費払い制

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会保障制度の関連情報