コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブソープション・アプローチ アブソープション・アプローチ absorption approach

2件 の用語解説(アブソープション・アプローチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブソープション・アプローチ
アブソープション・アプローチ
absorption approach

国内支出 (アブソープション) は,短期においては輸出が一定の下で輸入のレベルを決定し,それが為替レートを決定するというもの。国内支出が GNPを上回ると,その差は輸入で埋められ,逆に下回るとその差は輸出となって吐き出される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アブソープション・アプローチ

財の取引量(フロー)により為替水準決定を説明すること。国内需要(アブソープション)がGNP(国民総生産)を上回ればその分は輸入でまかなう必要があり,その結果貿易収支は赤字になる(逆の場合は黒字)。
→関連項目為替相場の決定要因

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

アブソープション・アプローチの関連キーワードキャプションアブソルバンソープションポンプエクセプションショックアブソーバーアブソリュートアブソーバーアダプションアブソルテバリアオプション

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone