コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブドゥッラー・イブヌッ・ズバイル アブドゥッラー・イブヌッ・ズバイル`Abd Allāh ibn al-Zubayr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブドゥッラー・イブヌッ・ズバイル
`Abd Allāh ibn al-Zubayr

[生]624.5.2. メジナ
[没]692.10/11. メッカ
ウマイヤ朝時代初期の僭称カリフ。母は初代カリフ,アブー・バクルの娘。ヒジュラ (ヘジラ) ののちメジナで生れたムハージルーンの最初の子供。アラブの大征服に参加して,シリア,エジプト,イランの戦役で活躍し,また第3代カリフ,ウスマーンに命じられて『コーラン』の公式編集にも参加した。叔母のムハンマドの未亡人アーイシャに味方し,第4代カリフ,アリーに対抗した「ラクダの戦い」で敗れたあとはメジナに引退した。ウマイヤ朝第2代カリフ,ヤジードのカリフ位を承認せず,同様にそれを承認しなかったアリー家のフサイン・イブン・アリーが戦死したのち,メッカでカリフを僭称した。一時はイスラム世界の大部分で彼のカリフ位が認められたが,名目的なものにすぎなかった。クーファでそむいたシーア派のムフタール (→ムフタールの乱 ) の勢力を破ったこともあるが,ウマイヤ家のアブドゥル・マリクハッジャージ・イブン・ユースフを起用するに及んで,彼の軍にメッカを包囲され,支持者とともにそこで戦死した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アブドゥッラー・イブヌッ・ズバイルの関連キーワードイブン・アッズバイルパスカリス唐の時代(年表)アブドゥッラー・ビン・アルズバイル僧官子どもシェルターと自立援助ホーム顔杲卿白粉飛鳥皇女大伴友国

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android