コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブドゥッ・ラフマーン・イブン・ルスタム アブドゥッ・ラフマーン・イブン・ルスタム`Abd al-Raḥmān ibn Rustam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブドゥッ・ラフマーン・イブン・ルスタム
`Abd al-Raḥmān ibn Rustam

[生]?
[没]784
アルジェリアのイスラム王朝ルスタム朝 (779~909) の創始者。イスラム教の異端派ハワーリジ派のなかで比較的穏健なイバード派は,北アフリカで影響力をもっていた。イブン・ルスタムはイバード派を支持する人々を結集してアルジェリア西部のターハルトに根拠地をつくり,みずからイバード派のイマーム (教主) と称して独立政権をつくった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アブドゥッ・ラフマーン・イブン・ルスタムの関連キーワードすみのりこ奈良時代平安時代平城京日本におけるおもな時代区分平城京跡長岡京跡長岡京奈良時代平城京

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android