コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブドゥル・ラフマーン1世 アブドゥル・ラフマーンいっせい`Abd al-Rahmān I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブドゥル・ラフマーン1世
アブドゥル・ラフマーンいっせい
`Abd al-Rahmān I

[生]731. ダマスカス
[没]788.9. コルドバ
イベリア半島の後ウマイヤ朝の創始者 (在位 756~788) 。ウマイヤ朝第 10代カリフ,ヒシャームの孫。ウマイヤ朝の滅亡後,一族虐殺の難を逃れて逃亡し,755年イベリア半島に上陸。翌年アッバース朝アミールの軍を破り,アンダルシアのアミールと称してコルドバに政権を樹立した。スペインではアブデラマン1世として知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アブドゥル・ラフマーン1世の関連キーワードコルドバ(スペイン)西アジア史(年表)コルドバの大モスクヒシャーム1世

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android