アプリケーションスイッチ(読み)あぷりけーしょんすいっち

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アプリケーション層のデータを確認し、パケットの転送先を決める機能を持ったスイッチ。サーバーの負荷分散QoS、セキュリティなどの機能がハードウェアで実現される。OSI参照モデルに照らして「レイヤー4/7スイッチ」と呼ばれることもある。通常、レイヤー2で動作するスイッチであれば、データリンク層のMACアドレスを確認してフレームを中継する。レイヤー3スイッチであれば、ネットワーク層のIPアドレスやサブネットマスク、プロトコル種別などの情報を制御する。アプリケーションスイッチでは、こうしたデータリンク層やネットワーク層のヘッダに加えて、TCP/UDPポート番号や各アプリケーションプロトコル個別の情報を含めたデータの中継制御ができる。たとえば、HTTPの通信であれば、80番のポートやURL、Cookie、SSLなどの情報を元に、ヘッダやデータの中身を確認した上で中継先を決めたり、通信を遮断したりできる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android