コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アベリャネダ アベリャネダ Avellaneda, Nicolás

2件 の用語解説(アベリャネダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アベリャネダ
アベリャネダ
Avellaneda, Nicolás

[生]1837.10.1. ツクマン
[没]1885.12.26. モンテビデオ港近海
アルゼンチンの政治家。大統領 (在任 1874~80) 。アベジャネダとも表記される。 1880年ブエノスアイレス市を連邦行政区に編入し,同市と内陸部との抗争に終止符を打った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アベリャネダ
あべりゃねだ
Avellaneda

アルゼンチンの首都ブエノス・アイレスの南郊に位置する都市。都市圏人口32万7910(2001)。19世紀にはスラムであったが、首都の商工業地帯の一部として急速に発展し、この国におけるもっとも重要な工業地帯の一つとなった。食品、繊維、皮革工業などが立地している。1904年ニコラス・アベリャネダ大統領の名をとって命名。それ以前はバラカス・アル・スルとよばれた。[細野昭雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アベリャネダの関連キーワードリーマン幾何学エクマン流トラックマンエクマン深度まんぞくまんぞくロックマンロックマンロックマンワールド4請くままんじょ節ロックマンエグゼStreamスパイクマン,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone