アホン(英語表記)ākhūn

世界大百科事典 第2版の解説

広義にはイスラム法学・神学に通じる人を示すペルシア語。トルコ語諸方言にも借用されている。地域によって具体的には,マドラサの教師,高位のウラマー,宗教儀礼の指導者等を指す。東トルキスタンでは,宗教指導者を指していたが,後には男性に対する一般的な敬称となった。中国のイスラム教徒の間では,アホン(阿衡,阿訇,阿洪)は宗務者の位階の一種で,清真寺(モスク)の教長になる資格を有するものをいう。【浜田 正美】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアホンの言及

【回族】より


[清真寺制度]
 中国イスラムはスンナ派のハナフィー派に属する。回民は清真寺を中核として集住するのがふつうであり,各清真寺に所属する回民の宗教的生活を管理指導する宗務者をアホンという。清真寺の財政その他の経営に当たる者を郷老といい,アホンの招聘・選任を行う。…

※「アホン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android