コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アホン ākhūn

1件 の用語解説(アホンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アホン【ākhūn】

広義にはイスラム法学・神学に通じる人を示すペルシア語トルコ語諸方言にも借用されている。地域によって具体的には,マドラサの教師,高位のウラマー宗教儀礼の指導者等を指す。東トルキスタンでは,宗教指導者を指していたが,後には男性に対する一般的な敬称となった。中国のイスラム教徒の間では,アホン(阿衡,阿訇,阿洪)は宗務者の位階の一種で,清真寺(モスク)の教長になる資格を有するものをいう。【浜田 正美】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアホンの言及

【回族】より


[清真寺制度]
 中国イスラムはスンナ派のハナフィー派に属する。回民は清真寺を中核として集住するのがふつうであり,各清真寺に所属する回民の宗教的生活を管理指導する宗務者をアホンという。清真寺の財政その他の経営に当たる者を郷老といい,アホンの招聘・選任を行う。…

※「アホン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アホンの関連キーワードカーディージンミーイスラム帝国イブンハズムハラームイスラム聖戦機構シャーフィイースクークイスラム法と婚姻ソマリアのイスラム法廷

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アホンの関連情報