コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿衡 アコウ

デジタル大辞泉の解説

あ‐こう〔‐カウ〕【×阿衡】

《「阿」は頼みよる、「衡」ははかりの意》摂政関白の異称。中国の殷(いん)湯王が宰相の伊尹(いいん)をこう称したところからいう。一説に、伊尹の号とも。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あこう【阿衡】

〔書経 太甲上
摂政・関白の異名。 〔「阿」は「よりかかる」、「衡」は「はかり」の意。王がこれによって公正を得る意。殷いんの大臣伊尹いいんの任じられた官名〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の阿衡の言及

【伊尹】より

…中国,殷王朝創始期の伝説的な賢臣。名は摯,阿衡あるいは保衡と号す。年70まで有莘氏の国で農耕に従事したが,有莘君の娘が殷の湯王の妃となると,料理番としてそれに従い,料理にたとえて湯王に政治を説き,宰相に任ぜられた。…

※「阿衡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阿衡の関連キーワード平安時代(年表)アホン(阿渾)宇多天皇藤原温子中原月雄三善清行藤原基経菅原道真惟宗直宗寛平御記阿衡事件藤原佐世アホン凡春宗橘広相清真寺書経宰衡橘氏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android