アポクリン汗腺(読み)アポクリンカンセン

精選版 日本国語大辞典の解説

アポクリン‐かんせん【アポクリン汗腺】

〘名〙 (アポクリンはapocrine) 汗を分泌する腺の一種。腋窩(えきか)部に最も多く、乳首、外耳道、肛門の周囲、鼻翼、下腹部など皮膚の特定の部位にある。大汗腺ともいわれる。特有な臭気がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android