アポクリン汗腺(読み)アポクリンかんせん

精選版 日本国語大辞典「アポクリン汗腺」の解説

アポクリン‐かんせん【アポクリン汗腺】

〘名〙 (アポクリンはapocrine) 汗を分泌するの一種。腋窩(えきか)部に最も多く、乳首、外耳道肛門の周囲、翼、下腹部など皮膚の特定の部位にある。大汗腺ともいわれる。特有な臭気がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android