コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汗腺 かんせん sweat gland

翻訳|sweat gland

7件 の用語解説(汗腺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汗腺
かんせん
sweat gland

汗を分泌する皮膚腺の一種。アポクリン腺エクリン腺の2種類がある。アポクリン腺は人間の場合は腋窩,外陰部など特定の部位に限られて存在する。汗腺の大部分を占めるエクリン腺は,全身の皮膚に分布し発汗により体温調節を行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かん‐せん【汗腺】

汗を分泌する皮膚腺。真皮または結合組織中にあり、管状をなす。エクリン腺アポクリン腺とがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

汗腺【かんせん】

哺乳(ほにゅう)類の皮膚腺の一種でを分泌する。普通の汗を分泌するエクリン腺と臭いとねばりのある液を分泌するアポクリン腺の2種類がある。多くの哺乳類では,ほとんどがアポクリン腺で,足指の裏にのみエクリン腺がある。
→関連項目腋窩わきが

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

汗腺

 皮膚表面に開口した汗を分泌する腺.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かんせん【汗腺 sudoriferous gland】

哺乳類の皮膚腺の一種で,汗を分泌する。一般の表皮から発生する小汗腺(エクリン腺とも呼ばれ,普通の汗を分泌する)と,表皮性毛囊に由来する大汗腺(アポクリン腺とも呼ばれ,粘稠(ねんちゆう)かつ臭気を帯びた液を分泌する)の2種が区別され,前者は漏出分泌(エクリン)型,後者は離出分泌(アポクリン)型である。一般に哺乳類の汗腺は離出分泌型で,足指の裏の趾球(しきゆう)のみが漏出分泌腺である。クジラセイウチには漏出分泌腺はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんせん【汗腺】

汗を分泌する腺。哺乳類の皮膚にあり、真皮の中の球状にまいた分泌管と、体表へ伸びた排出管とから成る。ヒトでは、全身に分布するエクリン腺と局所に存在するアポクリン腺とがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

汗腺
かんせん

皮下組織内にある皮膚腺の一つで、汗を分泌する。外分泌腺で、その導管は汗管とよばれ、細長い円筒形で、皮下組織と真皮の中を軽く螺旋(らせん)状に曲がりながら上行し、真皮乳頭の間から表皮に入り、最後には外皮表面の最高部である皮膚小稜(しょうりょう)の頂に開口する。その開口部を汗孔(汗口)という。汗腺は形態的、生理的に異なるエクリン腺(小汗腺)とアポクリン腺(大汗腺)に分けられる。特殊型としてまつげの根部近くにある睫毛腺(しょうもうせん)をはじめ、肛門周囲腺(こうもんしゅういせん)(肛囲腺)や耳道腺(耳垢腺(じこうせん))があるが、いずれもアポクリン腺に属する。エクリン腺は大量の水分を分泌して体温調節に関与する汗腺で、毛とは関係なく分布するが、アポクリン腺はヒトの場合、退化してわきの下などの毛とともに局在し、体温調節には関与しない。両者は解剖学的にも分泌生理学的にも根本的な差はなく、アポクリン腺からエクリン腺への進化過程に沿った一連の変化であることが認められている。[齋藤公子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の汗腺の言及

【汗】より

…汗は古くは皮膚にある無数の小孔から体液がしみ出すものと考えられてきたが,1833年にJ.E.プルキンエらによって特殊な分泌腺(汗腺)が皮膚に存在することが明らかとされて以来,科学的研究の対象となったが,その後の研究の進歩は遅々たるものであった。1920年ころになって,久野寧がモンゴル地方に自生するマオウの発汗作用の研究をきっかけとして,系統的に広範な研究を重ねた結果,発汗機能について多くの基本的事実が見いだされ,発汗生理学が初めて学問的に体系づけられるに至った。…

【気候順応】より

…気候順応の例としてよく日本人の耐暑性があげられる。耐暑性は一般に汗腺数が目安となる。日本人の汗腺数は熱帯の住民より少なく,寒冷地の住民より多い。…

【皮膚】より

…真皮も膠原繊維束がさまざまな方向に交錯して走る厚くてじょうぶな層として発達し,その下には多量の脂肪を含む皮下組織が存在し,神経や血管の通路となっている。また,哺乳類では小汗腺,大汗腺,皮脂腺乳腺の四つの皮膚腺が出現する。小汗腺は全身に分布し,水分の多い分泌物を出して,毛とともに体温調節に重要な働きをする。…

※「汗腺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

汗腺の関連キーワード肛門腺乳腺皮脂腺胃液乳管皮膚腺眼下腺非霊長哺乳類海産哺乳類アポクリン腺 (apocrine gland)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

汗腺の関連情報