アマウイキョウ(読み)あまういきょう(英語表記)Florence fennel

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマウイキョウ
あまういきょう / 甘茴香
Florence fennel
[学]Foeniculum vulgare Mill. var. dulce Alfl.

セリ科の多年草。別名イタリアウイキョウ、フローレンスウイキョウ。南ヨーロッパ原産で、日本へは明治時代の中ごろに渡来したといわれる。ウイキョウの変種で、やや小形。根出葉の葉柄基部は詰まって重なり合い、土寄せして軟白するとソフトボール大に肥大する。この部分はセロリに似た風味で、おもにイタリアでフェニッキオとよんで、生食または煮食する。葉や花はウイキョウに似る。果実はウイキョウより大形で、香りと甘味があり、香味料として用い、またウイキョウ油をとる。栽培はウイキョウと同様で、春、日当りと排水のよい砂質壌土に播種(はしゅ)、翌年の夏開花結実する。耐寒性はやや弱い。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android