コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミタケ(網茸) アミタケSuillus bovinus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミタケ(網茸)
アミタケ
Suillus bovinus

担子菌類マツタケ目アミタケ科。傘は径3~10cm,丸山形ないしまんじゅう形で,初めはやや赤みを帯びているがのちに淡黄褐色になり,湿っているときには粘性を有し,乾くと光る。縁は鋭く,下面は黄色,比較的大きくふぞろいな多角形の孔口が多数みられる。これが網状にみえるのでアミタケの名がつけられた。茎は淡黄褐色,長さ3~6cm。夏秋の頃,針葉樹林下または草地の地面に群生する。食用となる。日本全土に産し,北アメリカアジア (中国,シベリア) ,アフリカヨーロッパなどに広く分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報