コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミタケ あみたけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アミタケ
あみたけ / 網茸
[学]Suillus bovinus (Fr.) Kuntze

担子菌類、マツタケ目アミタケ科の食用キノコ。傘は径5~10センチメートル、まんじゅう形で、表面は赤褐色ないしは黄褐色。粘性で、肉は肌色を帯びた白色で柔らかい。傘の裏の管孔(くだあな)は浅く、大小不同で多角形、やや放射状に配列、黄泥色。茎は長さ5~6センチメートル。夏から秋にかけて松林に群生するきわめて普通のキノコの一種。ユーラシア大陸の松林に広く分布し、各国で食用にされる。アメリカ大陸にはない。アミモタセ(東北地方)、シバタケ(新潟県)、ゼニイグチ(兵庫県)、スドウシ(愛知県)など地方名も多い。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアミタケの言及

【イグチ(猪口)】より

…担子菌類ハラタケ目のキノコで,アミタケ,ヌメリイグチ,ヤマドリタケなどの仲間を古くからイグチとよんだ。特定の種類ではない。…

※「アミタケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アミタケの関連キーワードウラベニイロガワリ(裏紅色変り)シロヌメリイグチ(白粘猪口)タマノリイグチ(玉乗猪口)ウラベニイグチ(裏紅猪口)ヤマドリタケ(山鳥茸)ヌメリイグチ(滑猪口)ニガイグチ(苦猪口)ハナイグチ(花猪口)ヤマイグチ(山猪口)アミタケ(網茸)イグチ(猪口)アカヤマドリヌメリイグチヤマドリタケイロガワリ担子菌類菌類分布アワタケ鸐雉装山鳥茸