コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミタケ あみたけ

1件 の用語解説(アミタケの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アミタケ
あみたけ / 網茸
[学]Suillus bovinus (Fr.) Kuntze

担子菌類、マツタケ目アミタケ科の食用キノコ。傘は径5~10センチメートルまんじゅう形で、表面は赤褐色ないしは黄褐色。粘性で、肉は肌色を帯びた白色で柔らかい。傘の裏の管孔(くだあな)は浅く、大小不同で多角形、やや放射状に配列、黄泥色。茎は長さ5~6センチメートル。夏から秋にかけて松林に群生するきわめて普通のキノコの一種。ユーラシア大陸の松林に広く分布し、各国で食用にされる。アメリカ大陸にはない。アミモタセ(東北地方)、シバタケ(新潟県)、ゼニイグチ(兵庫県)、スドウシ(愛知県)など地方名も多い。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアミタケの言及

【イグチ(猪口)】より

…担子菌類ハラタケ目のキノコで,アミタケ,ヌメリイグチ,ヤマドリタケなどの仲間を古くからイグチとよんだ。特定の種類ではない。…

※「アミタケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アミタケの関連情報