コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミタール面接 アミタールめんせつ

百科事典マイペディアの解説

アミタール面接【アミタールめんせつ】

麻酔薬を使う精神分析の一つ。アミタールバルビタール系催眠剤)を,眠らせないように徐々に注射し,患者と面接する精神科的治療法。患者の緊張,不安,抵抗などの意識的な抑制を排除し,医師と患者の間に疎通性を生じることによって心の中に抑圧された体験や葛藤(かっとう)を表出させ,その分析から,病気の種類や内容を診断,治療する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミタール面接
アミタールめんせつ

麻酔分析」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアミタール面接の言及

【麻酔分析】より

…抑圧された心的内容を表出させ分析することが,結局は統合を目的としているという意味から麻酔統合ともよばれる。そのほか,麻酔面接,アミタール面接,麻酔分析療法などの呼称もある。【武正 建一】。…

※「アミタール面接」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アミタール面接の関連キーワード麻酔薬

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android