コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミロプシン アミロプシンamylopsin

翻訳|amylopsin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミロプシン
amylopsin

膵 (液) アミラーゼの旧語。アミラーゼは糖類を分解する消化酵素で,主として唾液腺と膵臓から分泌される。膵臓の障害があると血液や尿の中にアミラーゼが漏れ出てくるので,血清・尿中のアミラーゼを測定すると,膵炎や膵癌などの診断に役立つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

アミロプシン

 膵臓で作られるα-アミラーゼの旧称で,消化管に分泌される消化酵素.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のアミロプシンの言及

【消化】より

…唾液腺アミラーゼの至適pHは6~7であり,胃の上部に食物と唾液の混和したものが停留している間,消化は進行する(これを胃内消化という)が,胃酸と混和するとその活性は失われる。食物が胃から十二指腸に送られると,膵臓から分泌されるα‐アミラーゼ(アミロプシン)により再び消化は進行する。膵液アミラーゼは,唾液アミラーゼと類似の性質をもっている。…

※「アミロプシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone