コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメンホテプ3世 アメンホテプさんせいAmenhotep III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメンホテプ3世
アメンホテプさんせい
Amenhotep III

古代エジプト第 18王朝の王 (在位前 1417~1379) 。トゥトモス3世以来続いたエジプト最盛期の最後の時代を治めた王。治世5年目にヌビアの反乱を2度の遠征で鎮圧。バビロンミタンニなどの王女と政略結婚して,シリア,アッシリア,キプロスなどの諸国と積極的に外交を展開,金と交換して,馬,銅,瑠璃などを輸入し,巨大な富を蓄積した。ルクソール神殿の建立をはじめ,建設事業や芸術活動に専念し,大神殿の歴史に新時代を築いた。ルクソールのナイル川西岸にある「メムノンの巨像」は彼の葬祭殿の前にあった倚坐像として有名。王妃ティイはイクナートンを生み,その才知で知られ,王の晩年と没後多大の権力をふるった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アメンホテプ3世の関連キーワードトゥトアンクアメンスメンクカレーアマルナ文書アメンホテプマルカタ遺跡新王国時代コロッソスフルリ人メムノンムート