コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アモイ事件 アモイジケン

2件 の用語解説(アモイ事件の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アモイ‐じけん【アモイ事件】

1990年代に中国福建省アモイ市で発生した大規模な密輸・汚職事件。同市の貿易会社が中国共産党や行政・税関・銀行・企業の幹部ら多数と共謀して石油製品自動車タバコなどの密輸を繰り返し、多額の関税を脱税したとされる。1999年に発覚し、アモイ市副市長や税関長らが死刑判決を受けた。主犯とされる貿易会社社長はカナダに逃亡。2011年7月に中国へ送還され、終身刑の判決を言い渡された。遠華密輸事件。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アモイ事件

頼容疑者は94年、貿易会社「アモイ遠華集団有限公司」を創設。わいろや接待で抱き込んだ役人や軍人らと組み、石油製品や自動車などを貨物船で堂々と密輸入した。その資金で不動産投資などに事業を拡大。密輸・脱税総額は、530億元(約7950億円)とも1千億元ともいわれる。党中央は99年4月に調査チームを現地に送り込んだが、頼容疑者は同年8月にカナダに逃亡。その後、関係者の摘発が本格化した。中国の国営新華社通信によると、当時の公安省次官を筆頭にアモイ市副市長、アモイ税関長、中国工商銀行アモイ支店長らに死刑判決が言い渡された。

(2006-06-10 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アモイ事件の関連キーワード書類送検容疑者身分なき共犯アモイ国際マラソンスキンケアモイスチャーバス原敕晁さん拉致事件深谷市議選をめぐる選挙違反事件被疑者と容疑者日朝貿易会東インド貿易会社

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone