コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラガツ山 アラガツさんgora Aragats

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラガツ山
アラガツさん
gora Aragats

アルメニア西部にある山。標高 4090mの火山で,噴火口圏谷となっている。山頂部には氷河が発達。高山地域は牧場に利用され,山麓は農業地帯で,果樹,茶の栽培,養蚕が盛んである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラガツ山
あらがつさん
Арагац Aragats 

アルメニア共和国北西部の火山。アラギョース山塊に属し、アララト平野の北部、エレバン市の北西に位置する。標高4090メートル。アルメニア共和国およびザカフカス高原中の最高峰。中央火口丘は氷食による鋭い頂をなし、氷河に覆われている。[保谷睦子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アラガツ山の関連キーワードエチミアツィンの大聖堂と教会群及びズヴァルトノツの古代遺跡オクテンベリャンアルメニアグユムリ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android