コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷食/氷蝕 ヒョウショク

4件 の用語解説(氷食/氷蝕の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐しょく【氷食/氷×蝕】

氷河の移動による浸食作用

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

氷食【ひょうしょく】

氷河によって行われる氷床下の土地に対する浸食作用。一つは氷塊にはさまれた岩塊による岩石面の研磨作用で,羊群岩を形成し,表面に氷河擦痕(さっこん)を生ずる。一つは氷河底における圧力変化に伴って氷河底に一種の霜食作用が行われ,下底の岩石は節理にそって破砕され,岩屑(がんせつ)は氷河によって下方へと運搬される。
→関連項目浸食作用氷河地形フィンランドU字谷

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

氷食
ひょうしょく

氷河作用」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

氷食
ひょうしょく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の氷食/氷蝕の言及

【浸食作用】より

風化作用によってあらかじめ地表が風化生成物の岩屑や土壌に覆われている状態は,浸食の進みにとってつごうがよいが,風化作用は浸食の前提として必須というわけではない。 浸食erosionはラテン語のerodo(嚙(かじ)り取る)に由来する語で,その作用(営力)の種類によって雨食,河食,雪食,氷食,溶食,風食などが区別される。浸食営力の種類によって生ずる地形の特色が異なるので,浸食は地形を理解するためにも重要な意味をもっている。…

※「氷食/氷蝕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

氷食/氷蝕の関連キーワード一円知行大陸氷河地役権内検地カール氷河周氷河氷河下のスノーバード氷河土地問題ヨステダール氷河

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone