コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラゴナイト aragonite

世界大百科事典 第2版の解説

アラゴナイト【aragonite】

アラレ(霰)石ともいう。化学成分はCaCO3方解石多形をなす鉱物。海水からの直接沈殿物,温泉のまわりや石灰岩洞窟中,火山岩晶洞鉱床の酸化帯,地表近くの堆積物中に,また変成岩中にも産する。斜方晶系単結晶はまれで,柱状ないし針状双晶の結果,偽六方の外形をよく示す。種々の集合体をなす。モース硬度3.5~4,比重2.947,へき開は{010}に明瞭,無色ないし白色,しばしば各種の色調を示す。貝殻,真珠,サンゴなどの主要な構成鉱物である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アラゴナイトの関連キーワードローソン石曹長石緑泥石相ウーモールディック孔隙ローソン石曹長石相放射状繊維状模様ゼイリンジャイトシュトロマイヤーエルツベルグ岩炭酸カルシウム神居古潭変成帯ラウカスタインヴォーガナイト菊花石加工品ヘリクタイト藍閃石片岩相ドレワイト炭酸塩鉱物自石化作用ウーイド新成作用藍閃石相

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アラゴナイトの関連情報