アラゴナイト(英語表記)aragonite

世界大百科事典 第2版の解説

アラゴナイト【aragonite】

アラレ(霰)石ともいう。化学成分はCaCO3方解石多形をなす鉱物。海水からの直接沈殿物,温泉のまわりや石灰岩洞窟中,火山岩晶洞鉱床の酸化帯,地表近くの堆積物中に,また変成岩中にも産する。斜方晶系単結晶はまれで,柱状ないし針状双晶の結果,偽六方の外形をよく示す。種々の集合体をなす。モース硬度3.5~4,比重2.947,へき開は{010}に明瞭,無色ないし白色,しばしば各種の色調を示す。貝殻,真珠,サンゴなどの主要な構成鉱物である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android