コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラゴン自治州 アラゴンAragón

翻訳|Aragón

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラゴン〔自治州〕
アラゴン
Aragón

スペイン北東部の自治州。 1981年自治州となった。州都サラゴサウエスカテルエル,サラゴサの3県からなる。かつてのアラゴン王国が統治した地方で,中部はエブロ盆地,北はピレネー山脈,西と南はイベリア山系の山地,東はカタルニャ自治州との境界をなす山地。エブロ川に多くの支流が流れ込むが,少雨のため肥沃な土地は少ない。古くはローマ人に,5世紀には西ゴート人に,8世紀にはムーア人に支配された。 11世紀にアラゴン王国が成立,勢力を拡大したが,15世紀末にはカスティリア王国と合体した。アラゴン人は信仰深く,住みついた土地を守って伝統的な生活を続けている。中心都市はサラゴサのほか,ウエスカ,テルエル,カラタユー,ハカなど。テンサイ,コムギ,ブドウ,オリーブ,アサ (麻) などを栽培。家畜の飼育は山の斜面を利用して広く行なわれ,ヒツジが最も重要である。砂糖,オリーブ油などの農産物加工のほか,織物,セメント,製紙,家具製造などの工業がサラゴサを中心にみられる。面積4万 7650km2。人口 117万 8521 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アラゴン自治州の関連キーワードアラゴン州のムデハル様式建造物

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android