コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラゴン自治州(読み)アラゴン(英語表記)Aragón

翻訳|Aragón

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラゴン〔自治州〕
アラゴン
Aragón

スペイン北東部の自治州。 1981年自治州となった。州都サラゴサウエスカテルエル,サラゴサの3県からなる。かつてのアラゴン王国が統治した地方で,中部はエブロ盆地,北はピレネー山脈,西と南はイベリア山系の山地,東はカタルニャ自治州との境界をなす山地。エブロ川に多くの支流が流れ込むが,少雨のため肥沃な土地は少ない。古くはローマ人に,5世紀には西ゴート人に,8世紀にはムーア人に支配された。 11世紀にアラゴン王国が成立,勢力を拡大したが,15世紀末にはカスティリア王国と合体した。アラゴン人は信仰深く,住みついた土地を守って伝統的な生活を続けている。中心都市はサラゴサのほか,ウエスカ,テルエル,カラタユー,ハカなど。テンサイ,コムギ,ブドウ,オリーブ,アサ (麻) などを栽培。家畜の飼育は山の斜面を利用して広く行なわれ,ヒツジが最も重要である。砂糖,オリーブ油などの農産物加工のほか,織物,セメント,製紙,家具製造などの工業がサラゴサを中心にみられる。面積4万 7650km2。人口 117万 8521 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android