コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラワク語族(読み)アラワクごぞく(英語表記)Arawakan languages

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラワク語族
アラワクごぞく
Arawakan languages

南アメリカのアメリカインディアン諸語のうち,最大で,最も広い分布域をもつ語族の一つ。ブラジル,ペルーコロンビアベネズエラギアナなどで話され,スペインによる征服以前には,もっと広く分布していた。いまは死語となったが,かつてアンティル諸島で有力に話されていたタイノ語はヨーロッパ人が初めて接した先住民言語である。現在話されているおもなアラワク系の言語は,コロンビアのゴアヒロ語,ペルーのカンパ語やマチゲンガ語,ボリビアのモホ語やバウレ語など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android