アラワク語族(読み)アラワクごぞく(英語表記)Arawakan languages

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラワク語族
アラワクごぞく
Arawakan languages

南アメリカのアメリカインディアン諸語のうち,最大で,最も広い分布域をもつ語族の一つ。ブラジル,ペルーコロンビアベネズエラギアナなどで話され,スペインによる征服以前には,もっと広く分布していた。いまは死語となったが,かつてアンティル諸島で有力に話されていたタイノ語はヨーロッパ人が初めて接した先住民言語である。現在話されているおもなアラワク系の言語は,コロンビアのゴアヒロ語,ペルーのカンパ語やマチゲンガ語,ボリビアのモホ語やバウレ語など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アラワク‐ごぞく【アラワク語族】

〘名〙 南アメリカのアメリカ・インディアン語最大の語族。分布地域が広く、北はカリブ海大アンティル諸島からアメリカのフロリダ半島に及び、南はパラグアイ北部、西はペルーの海岸、東はアマゾン河口に達する。歴史や言語の分類については未詳の部分が多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android