コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大アンティル諸島 だいアンティルしょとう Greater Antilles

4件 の用語解説(大アンティル諸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大アンティル諸島
だいアンティルしょとう
Greater Antilles

西インド諸島の西部を構成する島群。西からキューバジャマイカヒスパニオラ (ハイチドミニカ共和国) ,プエルトリコの四大島とそれらの付属小島から成る。東の小アンティル諸島には非独立地域が残るのに対し,大アンティル諸島では,プエルトリコ島以外は共和国として独立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だいアンティル‐しょとう〔‐シヨタウ〕【大アンティル諸島】

Greater Antilles西インド諸島の西部から中部を占める諸島。キューバジャマイカイスパニョーラプエルトリコなどの島々からなる。→小アンティル諸島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だいアンティルしょとう【大アンティル諸島】

カリブ海、アンティル諸島の西半分の島々。キューバ・ジャマイカ・イスパニョーラ・プエルトリコなどの島から成る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大アンティル諸島
だいあんてぃるしょとう
Greater Antilles

西インド諸島の西部および中部を占める諸島。メキシコ湾湾口から東方へ約2000キロメートルにわたって連なり、小アンティル諸島に続く。キューバ島、イスパニョーラ島、ジャマイカ島、プエルト・リコ島とその付属島からなる。地質的にはキューバ島の大部分が石灰岩台地からなり、他の島にはグアテマラから続く高峻(こうしゅん)な山脈が東西に連なり、火山島の小島の多い小アンティル諸島とは対照的である。1492年のコロンブスの新大陸発見以後、スペインのラテンアメリカ征服の根拠地となり、17世紀からはイギリス、フランス、19世紀にはアメリカが進出して、黒人奴隷を使ったプランテーションを開拓した。そのため住民は黒人が多く、言語、文化、宗教もきわめて多様な社会を形成し、先住民のインディオはほとんどみられない。主要産物はモノカルチュアを基礎とする輸出用農産物で、サトウキビ、コーヒー、タバコ、バナナが中心となっている。[栗原尚子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大アンティル諸島の関連キーワードサンサルバドル島西インド諸島海地イスパニオラ[島]ウィンドワード[諸島]小アンティル[諸島]トバゴ[島]バージン[諸島]リーワード[諸島]バハマ[諸島]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone